「アロエ粉末」飲用記

飲み会での一言

アロエ,あろえ,アロエ粉末,あろえ粉末,アロエ粉末飲む

人間ドッグを受診する時についでに併用したりしながら、毎年大腸の内視鏡検査を受けていました。

 

相変わらずポリープはできており、小さいポリープが数多くできている年もありました。

 

幸い今まで癌に至ることはありませんでしたが、ポリープが出来る体質には多少気がかりではありましたが、それでも、元来食いしん坊なので食事制限などはとても出来ませんでした。

 

時がたつと気にしていたことも忘れがちでしたが、あるとき、それは知人数人との宴会の時でした、いろいろ話がはずむ中で、私のポリープの話になったのですが、ある知人が何気なく話してくれたことが今後の私の人生にとって大きな転機になろうとは思ってもいませんでした。

 

お酒も入りガヤガヤとした中でしたが、知人が言うには、自分が以前にテレビで見た事があるよ、それは「アロエ粉末」を飲むとポリープが出来なくなるらしいよ、と言う話でした。

 

 

その時は、そうかなあと言う程度で聞いていて、そのうち忘れていましたが、数か月後に他の用事でたまたま行った薬局に「アロエ粉末」が置いてありました。 知人からの話を思い出し、とりあえず購入しました。

 

夕飯後に、添付されてるスプーンで一杯、水と一緒に飲んでみましたが、その苦いこと、何かに包んで飲まないと苦すぎてダメだなと感じましたが、そこは昔の人間、「良薬は口に苦し」と言うことわざがあるように、これを信じで、また知人の話を信じて、続けてみようと決心した次第です。もちろん何も包まずにそのままです。

 

「アロエ粉末」の効能書には、ポリープのことなど何も書いてありませんが、便秘の改善になるようなことが書いてありました。

 

便秘にに効くということに関心が向き、これは続けて飲むべきだと決心しました。

 

この便秘の話は、いろいろありますので別欄で詳しく報告します。

 

このようにして「アロエ粉末」を飲み続けました、たまには忘れることもありますが、継続することは忘れませんでした。

 

このころからは慣れたせいか、「アロエ粉末」の苦さは全く苦にならなくなりました。

 

               次はコチラ<必要性を再認識>です