「アロエ粉末」飲用記

途中経過

1年経過したぐらいでしょうか、毎年行ってる大腸ポリープの内視鏡検査の途中で医師から、何か漢方薬など飲んでいますかと突然聞かれました。

 

「アロエ粉末」を飲んでいますと答えますと、「やっぱりそうですか、実は大腸の壁面が全体に黒くなっています」、続けて言われるに、「これは「漢方薬を飲むとこのようになることがありますが、医学的には害はないことになっています」と言われました。

 

私の場合は「アロエ粉末」をかなりの量飲んでいましたので、当然の結果だと思いました。医学的には害はないと言われていても、少し減らした方が良いと考えました。

 

いま思い出しますと、適量をはるかに超えた飲み方をしていたことになりますが、それによって体調が悪くなった記憶はありませんでした。

 

その後、朝・昼・夕と飲み続けることは止めました、現在はほとんど夕食後だけ飲んでいますが、便秘の状況によっては、朝・昼・夕と飲み、飲む量も調整しています。その後の検査では何もありません。

 

しかしながら長年にわたり、「アロエ粉末」を飲み続けてきましたが、「アロエ粉末」を飲むだけで便秘を直そうとすると、通常書かれている適正量をはるかに超える量を飲むことになります。だだし、私個人の経験からですが。

 

 

             次はコチラ<日常生活での悪い習慣>です